DHCP 起動/停止

起動/停止(systemd : CentOS7, ScientificLinux7)

DHCP を提供するインターフェース(LAN側)を指定して起動

・ユニットファイル記述

デフォルト設定(yum, rpm アップグレード時に書き換わる)

[root]# vim /usr/lib/systemd/system/dhcpd.service

    [Unit]
    Description = dhcpd - DHCP Server
    After = network.target

    [Service]
    Type = forking
    PIDFile = /var/run/dhcpd.pid
    # systemd-networkd 使用時、dhcpd 起動前に NIC(eth1)を起動する
    ExecStartPre = /sbin/ip link set eth1 up
    ExecStart = /usr/local/sbin/dhcpd eth1
    Restart = on-failure
    RestartSec = 10s
    PrivateTmp = true

    [Install]
    WantedBy = multi-user.target

    ※ systemd-networkd 使用時、OS 起動時にリンクが無い NIC(eth1)が
     起動しないため、eth1 を使用する dhcpd も起動できない。
      ExecStartPre = /sbin/ip link set eth1 up で、dhcpd 起動前に、
     NIC(eth1)を起動する。

ユーザー設定(優先される、設定変更はこちらに対して行う)

[root]# cp -v /usr/lib/systemd/system/dhcpd.service /etc/systemd/system

・ユニットファイル登録/変更時

[root]# systemctl daemon-reload

・起動/停止

[root]# systemctl { start stop restart } dhcpd

・自動起動/停止

[root]# systemctl { enable disable } dhcpd

・起動/自動起動を同時に行う

[root]# systemctl enable --now dhcpd

・停止/自動起動の停止を同時に行う

[root]# systemctl disable --now dhcpd